島野が水野

金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。買取業者が自宅を訪問し、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、悪質な訪問購入の事案が最近増えているようです。最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、断ろうとすると、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。金に限った話ではないですが、古物買取においては、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、ネットを通じて郵送で買取を進める場合でも、やはり本人確認は必要です。最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示する必要があります。対面でない場合、商品を発送する際に身分証の写しと合わせての発送を求められる場合が多いですね。高級品の代名詞でもある金とプラチナ。しかし、どちらがより高いのかはあまり知られていないのではないでしょうか。一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。理由としては、市場規模の小ささに加え、レアメタルの中でも突出している希少性の高さを抜きにしては語れません。プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価格を引き上げる要因となっているのです。お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり押さえておくポイントとしては、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。少しでも高値で手放すことができるよう、その日その日の相場を把握した上で、最も得する時を狙って売却するのです。買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるというケースが多くなっています。相場の確認を欠かさず、高値で売れるようになれば一人前です。金の相場が上がっている近頃、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。金を購入する際は、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。なので、一度金を買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるのです。今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、金買取の話はこれまでになかったので、続きを聞いてみたくなりました。いわく、貴金属製品で不要な品を高い値段で買い取ってくれるそうです。そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、試しに査定してもらうことにしました。貴金属の便利な換金手段である金買取。その利用において大切なのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段での買取が見込めるのかという一点に尽きると思います。金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。すると、日本国内の金価格が算出できます。こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。計算法を知っておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは本当に多くの種類のアイテムが買取の対象になっています。金製品を買い取るなどと言われると、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを連想する人が多いでしょうが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。メガネや金歯などもその一例です。金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。金を売却した際には、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、確定申告が必要なケースが出てきます。金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかからないということになります。プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドです。ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。近年、一般的になってきた金買取。しかしその利用において注意すべきは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。広告に出ている買取額以上に、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを厳しくチェックしてください。少しでも怪しげな点がある店は手を出してはいけません。買取金額だけが高くても油断はできません。鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、事前に入念に確認することが大事です。リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、調べて利用してみるのもいいと思います。その時の相場に基づいて買取額は決まるため、慌てて売るのはよくありません。手数料などのシステムも店舗によりけりなので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るようなところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、安心安全を求め、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。それでも、どうしても不安なら、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも一つの手でしょう。昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、多くの方が思い浮かべるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が少なくないと思われます。そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。デパートならば信用もあるということで、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、昔から資産家の間でよく使われているのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、実際にその金をどこで購入するかです。初めて金を買うときには、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、信用できそうなお店から買うことが大切です。買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時もセーフティですよね。ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選ぶ必要があります。金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うという努力も欠かせません。一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。しかし、安心してください。訪問購入については平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。初めて金買取を利用してみようと思っている方は、何より買取額を気にされていることでしょう。金の買取価格は相場によって変動するものです。金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。そういうカラクリになっているので、少しでも高値で売りたいと思う方は、新聞やテレビ、インターネットなどの情報にアンテナを張り、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることで、得できる可能性は高まります。そこのお店で売却すればいい値段になるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で無理やり売却させられてしまったなどのケースはよく耳にするところです。誠実なお店ならよいのですが、一部では犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、よくよく調べてから利用するといいでしょう。こうした被害に遭ってしまった時には消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。十年以上にわたって使用していない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属が沢山あるという方もいるでしょう。もう使わないことが分かりきっているなら、専門のお店で売却することも有力な選択肢ですね。金・プラチナの高額買取をウリにした店もあちらこちらにありますので、高値が付くかどうか複数のお店で見てもらって検討してみてください。ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。今では、実に多くのお店が買取サービスを看板に掲げています。一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うケースが増えてきています。金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、贋物はすぐに判別できます。「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。数万円程度の買取額を得た程度なら、金を専門店に売却しても税金はかかりません。もちろん、買取業者の方では、取引の量が個人とは違いますから、所得額の申告を行い、多額の税金を納めていることと思います。しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。そうは言っても、法律が変わることもあるので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べることで不安を払拭しておきましょう。贅沢品の代名詞である金。しかし、実は我々の日常生活の中にも、金の加工品が案外多いものです。金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。タナボタ感覚でのお小遣いを得られる可能性もあるので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは買取店に持ち込んでみるのも一興です。金買取がメジャーになってきていますが、前に私も使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。今までに経験がなかったですから、適切な売却先がよく分からなくて、ひとまずネットで情報を集めてみました。そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、思った以上の値段が付いたので満足しています。金には色々な種類があります。種類を決めているのは主に金の純度です。よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。純金でなく他の金属との合金の場合は、「18金(18K)」などの表現になります。18Kは1000分の750という純度です。そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと色々な種類があるのです。ある金製品が幾らで売れるかの目安として、大切なのは純度だということです。金買取がブームですね。古いネックレスの売却を望む方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。市場において金の純度を証明するため、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントというのが一定の目安になります。純度が高いか低いかにより、市場価値は変わってくるということです。最近、身内が亡くなり、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、初めてなので不安も大きかったですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、素人の私にも優しい印象でした。買取額も十分納得できるもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。